ひな人形、それは愛のカタチ・・・
小さいうちからお子様と一緒におひな様を飾ると、物を大切にする心、やさしい心、親子の絆を育みます。
そんな親子での語らいの中おひな様は、古くから女児の情操教育に役立ってきたものです。
大切なお子様の成長を喜び、また来る一年の幸せを願うおひな様。飾る楽しさをぜひ、ご一緒に。

キャッツアイでは、全国の産地を廻り「お顔」と「自然な形の着せ付け」に拘ったお雛様を制作して頂きました。
段飾り・収納飾り・親王ケース。そして、お人形と台・屏風などを組み合わせた「世界に一つだけのひな人形」は
他にはないお子様の御守り人形として自信を持ってお薦め致します。

雛人形Q&A

雛人形についてよくあるご質問にお答えさせていただいております。

 Q なぜ3月3日に女の子の節句を祝うのですか? 


A:
ひな祭りはもともと、平安時代のお人形(ひいな)遊びと、人形に自分の厄を移して海や川へ流した「流し雛」の行事が 結びついたものです。 そこから、ひな祭りでは、人形が身代わりになり、子供に災いが降りかからないようにという家族の 願いや、人生の幸福が得られるようにという暖かい気持ちを込めて雛人形を飾るようになりました。

 Q 雛人形(ひな人形)の贈り主は? 


A: 
昔からお嫁さんの実家から贈られることが多かったようです。 しかし昨今では、両家で折半して買い求められることも、稀にござます。 仲人や親戚の方は、ケース入りのわらべ人形や御所人形・市松人形などを贈るのが一般的です。

 Q 初節句の祝い方は? 


A: 
お節句当日かその前夜(宵節句といいます)にお招きするのがよいでしょう。
両家の祖父母や親戚、お祝いをくださった方、そして普段親しくしている方を招きます。
招かれた側では、すでにお祝いを贈っていれば何も持っていく必要はありませんが、桃の花など持参するのは悪魔を払うという意味もあり、気の利いた心づかいといえるでしょう。

 Q なぜ雛人形を飾るんですか? 


A:
平安時代中期頃から行われるようになった「流し雛」と「ひいなあそび」が結びついたものです。
人形に厄を移して流す風習と健やかに育ってほしいとの願いを込めて雛人形を飾るようになりました。
江戸時代になると武家や町人社会で段飾りなどを飾るようになりひな祭りも盛んに行われるようになったようです。

 Q 雛人形はいつ頃から飾るのですか? 


A: 
雛人形は三月三日を基準に約一ヶ月前頃から飾られるといいと思います。
天気のいい日にお子様と一緒にお雛様を飾られるといいでしょう。
出来れば簡単な雛道具からお子様に手伝ってもらって下さい。お子様にとってもいい思い出になるでしょう。

 Q お母さんのお雛様で、赤ちゃんの初節句のお祝いってOK?


A: 
雛様の由来は、形代(かたしろ)。本来、ひとりに一つのお守りです。
お雛様は元来、上巳の節句に紙で作った人形(ひとがた)の形代で体を撫で、自分の身の穢れを移し川に流した、厄払いの行事に由来しています。
ですから、お雛様そのものは、家を守ったり、その家の女性すべてを守るものではなく、女の子一人一人、それぞれのお守りです。ママのお雛様はママのお守り。 姉妹のお姉ちゃんのお雛様はお姉ちゃんのお守りです。一人に一つずつ用意し、お嫁入りに持たせてあげるものなのです。
「家が狭くて二つは置けない」などの事情がある場合、今あるお雛様が衣装着なら、もう一つは木目込にするとか、ケース入りセットにするといいでしょう。

 Q 雛人形はいつ頃片付けるといいんですか? 


A: 
雛人形はなるべく早めに片付けます。
季節の節目を祝うのも節句の意味です。 雛祭りがすぎると飾る意義も薄れますので遅くとも三月中旬までにかたづけましょう。ただし、しまう時は天気の良い日に、ほこりを払ってからおしまいください。人形は、湿気・ほこり・汚れを嫌います。また、雛人形を片付ける際も簡単なものからお子様に手伝ってもらうといいでしょう。大変いい経験になると思います。

 Q 片付ける時の注意点は? 


A: 
まず一番にご注意いただきたいのはほこりです。はたきなどで着物や道具などを丁寧にほこりを払ってください。
頭(かしら)は、同じはたきを使うと汚すことがありますので、出来れば小筆などを用意してそれを頭用に使うといいでしょう。髪の毛の生え際やあごの部分等を丁寧に払い落としてください。

次にご注意いただきたいのは湿気です。
人形は湿気に弱いので出来るだけ押入れに入れるときは、高いところに入れてください。その時は、人形が動かないように紙などを入れておくと良いでしょう。

次にご注意いただきたいのは防虫剤です。
最近では、人形用の防虫剤(わらべ)が出ていますのでそれを使うといいでしょう。また防虫剤は毎年新しいものに入れ替えて下さい。

 Q 男びなと女びな、どちらが右ですか? 


A: 
昔の日本では、左が上座だったので京都などでは今でも向かって右側に男びなを飾りますが、
どちらでも間違いではありません。

 Q 雛人形を選ぶ時のポイントは? 


A: 
最近では、色々な飾り方があったり、いろんな色の飾り台があったり、大きいサイズ・小さいサイズなど現代風にアレンジした雛人形など多数店頭に並んでいます。しかし一番大事なのは、雛人形本体です。
やはりじっくり雛人形を見てお顔の好みや衣装の素材・着物の着せ方そして一番のポイントは人形を仕上げる時の丁寧さです。
お子様が大きくなった時にどうしてこの雛人形を選んだか、お子様にお話をしてあげて下さい

 Q ひな祭りには、どんな料理を用意したらよいですか?  


A: 
雛祭りのメニューといえば、はまぐりのお吸い物やお寿司がつきものです。
はまぐりは、貝がらがしっかりと合わさっていることから、将来よい伴侶に恵まれるという意味があります。また、この頃、新鮮な魚介類や春の野菜が出回るので、これらを利用したちらし寿司やオードブルなどを用意されると、ひな祭りのパーティーが春らしい華やいだ雰囲気になります。もちろん、縁起物の菱餅や雛あられ、白酒、そして春らしい食器や桃の花などの演出もお忘れなく

 Q 4月に初節句をすると聞いた事があります。4月でもいいのですか?


A: 
旧暦の桃の節句は、4月3日。 現在の暦の3月3日は、旧暦では2月3日にあたります。
古来の風習を守って、旧暦の3月3日(現在の暦では4月3日頃)にお祝いする地方も多々あり、「月遅れの雛祭り」といいます。 有名なのは、庄内地方の雛祭り。また京都や歴史ある家柄の末裔のお家では、古くからの慣習を守り、旧暦で雛祭りを行うことも多いようです。
かの冷泉院の末裔、冷泉家でも、現在も旧暦で雛祭りを行っているそうです。 お母さんの体調や色々な都合で3月3日に初節句のお祝いが難しい場合は、無理をせず、古式に習って旧節句でお祝いするのも素敵です。

Q 二女、三女にも、それぞれ雛人形(ひな人形)が必要ですか?


A: 
雛人形は女の子の健やかな成長と幸福を祈って飾ります。その子に一切の厄災がふりかからぬようお雛様が身代わりとなってくれるので、基本的に「おひなさま」は一人一人のお守りと考えられています。
お母様のひな人形を譲ったり、姉妹で兼用するのは避けたいものです。できれば小さいものでも価格にこだわらずそれぞれのお子様に揃えてあげてください。

Q お出迎え市松人とは? 


A: 
お雛様をお迎えする人形のことです。 一般にお雛様はママの実家から贈られるものですが、パパの実家が先にお雛様をお迎えする市松人形を用意するという習慣のある地方があります。
雛祭りにパパ方のおじいちゃん、おばあちゃんから贈り物として記念になるということで、人気があります。

 Q お返しはどうすればいいですか? 


A: 
初節句のお祝いをいただいたら、内祝いとしてお子さんの名前で一週間以内にお返しをしましょう。お礼状に、お赤飯やめでたいお菓子などを添えて贈るのが本来の形です。昔は”雛の使い”といって紙雛をつけてお返しの使者にしたものです。そのかわり、お子さんのスナップ写真をつけて贈るのも成長ぶりがわかって喜ばれるでしょう。

 Q 雛人形を飾るのに、良い方位はありますか? 


A: 
雛人形は、それ自身が災除けのお守り。すべての方位の災を除けてくれます。
よく「雛人形は、南向きか東向きかに飾らないといけないのですか?」と質問されますが、雛人形はそれ自身が災除けのシンボルであり、 赤ちゃんのお守りとなってくれるもので、すべての方位除けの意味合いも持っているお人形です。ですから、雛人形を飾る際に、神経質に方位を気にする必要性はありません。

 Q 雛人形の顔ってどんな種類がありますか?また、主流はどんなお雛様? 


A: 
一般的には、関東風のお顔と京風のお顔です。それから木目込人形に見られる「笹目」のお顔、他におぼこなどもあります。
衣装着のお雛様  普段良く目にするのは、実際の着物を着ているように見えるように作られた衣装着の雛人形に使われているお顔ですが、これは主流が二種類あります。
一つは「関東風」と言われる細面にはっきりとした目鼻立ちの現代的なお顔です。
もう一つは、目が切れ長で細くお公家さん風の上品な顔立ちの「京顔」と言われるものです。

木目込みのお雛様。杢の型に筋目を入れて衣装を着せ付けることから「木目込(きめこみ)」とよばれる雛人形は、 まるっこい顔に目を細い筆で何度も重ねて描く「笹目(ささめ)」または「描き目」で仕上げられていて
ほんわか可愛らしい腹立ちが特徴です。

おぼこのお雛様
「おぼこ人形」と言って、丸い顔立ちの幼子のような雛人形もあります。

 Q 雛人形の名前を教えてください 


A: 
七段飾りの一番上が、男雛(おびな)女雛(めびな)の内裏雛。平安時代の束帯(そくたい)姿のお殿様と十二単(じゅうにひとえ)を着たお姫様です。
二番目は、その世話をする侍女の三人官女です。
三番目は、歌舞伎の囃子方(はやしかた)をかたどった子供姿の五人囃子(男の子)です。
四番目は、警護の舎人(とねり)で儀仗(ぎじょう)姿の随身(ずいしん)。老人を左大臣(さだいじん) 、若者を右大臣(うだいじん)といいます。
五番目は、外出するときの従者で、仕丁(じちょう又はしちょう)といいます。


Copyright c おもちゃのキャッツアイ 2014 All rights reserved.